ファッション総合学科
  1. TOP
  2. 学科紹介
  3. ファッション総合学科
  4. 取得資格

取得資格

取得資格解説
パターンメーキング技術検定 アパレル企業のパターンメーキング部門で活躍できるスペシャリストを育成する為に実施するものです。パターン作成に関する技術と知識についての理解度や実務能力レベルを評価・認定します。3級及び、2級取得を目指します。
認定機関:日本ファッション教育振興会
フォーマルスペシャリスト認定試験 (ブロンズライセンス) 私達を取り巻く日常生活は、ますます国際化し、ライフスタイルの移り変わりとともに、フォーマル・オケージョンは確実に拡大しつつあります。
この検定は、従来の冠婚葬祭のみに限らず、より多様化しつつあるフォーマルウェアの基本(ルール・マナー)を身につけ、各職場や実生活で大いに役に立てる事が出来ます。
認定機関:日本フォーマルウェア協会
マナー・プロトコール検定 国際化とともに価値観やライフスタイルも異なり、ますます複雑化する中で相手を思いやり、スムーズにコミュニケーションをとるためには、最低限の基本的マ ナーが必要になります。日常生活の中で育む他社への配慮や、自分自身を律する心遣い、社会人になるための心構えや就職活動への手助けになる検定です。
ファッション販売能力検定 ファッション商品販売の仕事に携わる場合に必要とされる基本的なファッション商品知識、販売基本知識、接客基本技術などを問う検定です。
アパレル企業や小売企業は、心からの対応をし、お客様からのニーズを満たし、お客様の満足を得ながら販売できる人、販売に関する専門的な知識・技術を 持つ人が強く求められています。この検定の目的は、ファッション販売ビジネスの世界で働く際に必要な、知識・技術を身に付けることにあります。 3級及び、2級取得を目指します。
認定機関:日本ファッション教育振興会
ファッションビジネス能力検定 ファッションビジネスの世界で活躍したい人の為の検定です。商品の企画、生産から流通にわたるファッションビジネスの基本知識・技術が問われます。
アパレル企業などに就職し、能力を生かし活躍する際に、備えておくべき基本的な知識や、技術を検証する3級から、ファッションに関する高度で専門的な知識・技術・企画・想像力・洞察力 など総合的な能力を要する1級まで、段階的に評価するものです。
3級、2級及び、1級の取得を目指します。
認定機関:日本ファッション教育振興会
AFT色彩検定 色に関する幅広い知識や技術を問う検定試験です。色彩の基礎知識、配色調和を理解し、ファッションや環境における、色彩計画に役立てます。色の成り立ち、 色彩体系、色の表示、色の混色、色の感情・連想、色の見え方、配色の基本、ファッション、環境と色彩等の内容が試験領域になります。
3級、2級及び、1級の取得を目指します。
認定機関:日本服飾教育者連合会(A・F・T)「文部科学省後援」

資格・検定年間スケジュール(1・2年共通)

4月   10月  
5月
  • フォーマルスペシャリスト認定試験(準2級)
11月
  • AFT色彩検定(3・2・1級)
  • ファッション販売能力検定(3・2級)
6月
  • パターンメーキング技術検定
    (3・2級=筆記)
  • ファッションビジネス能力検定(3・2級)
12月
  • AFT色彩検定(1級2次)
7月
  • AFT色彩検定(3・2・1級)
  • ファッション販売能力検定(3・2級)
1月
  • マナー・プロトコール検定(3級)
8月
  • パターンメーキング技術検定 実技(3級)
2月  
9月
  • パターンメーキング技術検定 実技(2級)
3月  
  • ファッション総合学科
  • テクニカル専攻科
  • 食物栄養学科
  • 保育学科
  • ライフプランニング総合学科

ページの先頭へ戻る