食物栄養学科
  1. TOP
  2. 学科紹介
  3. 食物栄養学科
  4. 学びの特長

学びの特長

point 1スペシャリストの育成

各分野のエキスパートである教員が、学生の理解度や適性を見ながらきめ細かな指導を行います。さらにゼミでは学生たちが、自ら選んだ個々のテーマを卒業研究として追究。指導教員のもと学問的な集大成を目指します。
また、管理栄養士を志望する学生のための栄養士基礎演習をはじめ、各種資格取得に向けた授業が充実しており、スペシャリスト育成のためのトータルサポートを行っています。

point 2学外実習・イベント

学んだことが実社会でどのように役立つのか?を実感すること。それが学外実習の目的です。保育園、事業所や病院など現場を体験することで社会性を育み、仕事に対する心構えや自覚も生まれます。また、自身の適性や進路を考える際のポイントもつかめるでしょう。積極的に学べば将来のための力が着実に付くという手ごたえを感じることも、成長を後押しする大きなエネルギーになります。

基礎科目・教養科目 専門領域

「調理」と「食育」ができる栄養士

調理の基礎である「包丁の扱い方」「野菜の切り方」「フライパンの振り方」を行う基礎調理学実習から、世界各国の料理・製菓を作る実用・応用調理学実習を通して調理ができる栄養士を養成します。また、本学独自に開講している「栄養教育・食育演習」をはじめ、アクティブ香蘭において食育の実践を行い、食育ができる栄養士を養成します。

実習で、知識と技術を磨き、調理も得意な栄養士を目指します。

日本フードスペシャリスト協会認定校

料理風景

フードスペシャリストとは、生産から流通・販売まで「食の専門家」として活躍する資格です。食品工場、販売店、ホテル、レストラン等の産業界、消費者センターなどで、鮮度の鑑別や製品検査、官能検査、フードコーディネートや販売促進、広報などの仕事を行います。
本学は日本フードスペシャリスト協会の認定校で、所定の科目を修得し、フードスペシャリスト協会指定の試験に合格すれば取得できます。

食育に関する研究への取り組み

アクティブ香蘭

積極的な研究や活動を支援する「アクティブ香蘭」。この学内の制度に毎年、食物栄養学科生が応募して食育に関する研究・発表を行っています。

「平成28年度 幼稚園児とその保護者を対象とした食育プログラムの取り組み」

アクティブ香蘭平成28年度取り組みの目的

目的

近年子どもの肥満や生活習慣病が増え、その要因として食生活や生活習慣の変化や運動不足などが挙げられます。そこで本研究は香蘭幼稚園に通う園児とその保護者を対象に、以下の点を目的に食育活動を実施しました。

  1. 親子クッキングおよび体を動かす食育遊びを通して、食生活と運動不足改善のための支援を行うこと。
  2. 農業体験を通して食材に触れ、食への興味・関心を持ち、様々な食材を食べる  意欲を高め子ども自身が食べることでバランスのよい食事に繋げること。
  3. 食生活と運動習慣の大切さを理解し、生活習慣病予防に取り組むこと。

「平成27年度 幼稚園児を対象とした食育プログラムの取り組み ~野菜に興味・関心を持つ食育と紙芝居の連携プログラム~」

「平成26年度 食育絵本の制作体験とその実践」

企業・自治体との産学連携

オリジナルメニュー開発

仕出し弁当製造販売会社である「はたなか」と食物栄養学科在学生が連携し、栄養バランスの取れたお弁当を考案しました。また、宮崎県とコラボし、宮崎県産の豚肉と日向夏、きんかんを使い、本学学生がメニューを開発しました。

入学前・卒業後支援

入学前支援

入学前スクーリング

食物栄養学科新入生を対象とした入学前スクーリング。本学食物栄養学科在学生と新入生が入学前に、栄養士の仕事理解や夢や目標について語り合います。

卒業生支援

管理栄養士国家試験対策講座

栄養士業務を3年経験すれば管理栄養士の受験資格が得られます。希望者が全員合格できるよう卒業生を対象に対策講座を開講しています。

授業 〜フォトギャラリー〜

食品加工実習

パンやジャム、味噌など、暮らしの中で身近な存在である加工食品。それらを実際に作りながら学ぶ実習です。初めての体験が多いので新しい発見多数!

栄養学実習

人々が健康かつ積極的に生きるための食事計画について学習。栄養基準量の決定や献立作成の技法、調理実習を中心とした具体的な栄養管理を学びます。

解剖生理生化学実験

各種実験を通じて、人体の正常な構造とはたらきを理解。栄養学的観点から人体を考える基礎を身につけます。

教育目標

  • 栄養士が果たすべき専門職務や立場を十分に理解させる。
  • 栄養士に必要とされる知識、技能、態度および考え方の総合的能力を養う。
  • 栄養の指導や給食の運営を行うために必要な実践的能力を養う。
  • 食と健康の専門科目の学習を通して、自活力や生活力を兼ね備えた社会に貢献できる教養ある人を育成する。

3つのポリシー

  • ファッション総合学科
  • テクニカル専攻科
  • 食物栄養学科
  • 保育学科
  • ライフプランニング総合学科

ページの先頭へ戻る