願書・資料請求 香蘭女子短期大学サイト twitter公式アカウント LINE公式アカウント

入試情報

  1. TOP
  2. 入試情報
  3. 学納金・奨学金
  4. その他の奨学金等
  5. 日本学生支援機構 (旧:日本育英会)(返還必要)

日本学生支援機構 (旧:日本育英会)(返還必要)

日本学生支援機構の奨学金は、貸与奨学金で経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。

高校時の予約採用候補者の対応について(平成29年度)

奨学金の貸与を受けるには、進学届の提出(インターネットによる送信)が必要です。
採用候補者の方は、下記の「進学届手続き説明会」に必要書類を忘れず持参して下さい。
書類が揃っていないと手続きが出来ません。

●「進学届手続き説明会」開催日(下記のいずれかの説明会に、必ず出席して下さい。)
開催日〕平成29年4月11日(火)15:00~ ←〔初回振込日〕5月16日(火)希望の方
〔開催日〕平成29年5月2日(火)15:00~ ←〔初回振込日〕6月9日(金)希望の方 


●必要書類および必要手続き(全ての書類が揃っているのが確認できましたら、IDとパスワードをお渡しします。)

  1. 「平成29年度大学等奨学生採用候補者決定通知」(以下、「決定通知」という。)
  2. 「第一種奨学金制度改正に伴う平成29年度大学等奨学生採用候補者決定・変更通知」のコピー(該当者のみ)
  3. 「進学届入力下書き用紙」 ※説明会までに必ず記入を済ませておいてください。

 →下書き用紙は、冊子「平成29年度大学等奨学生採用候補者の皆さんへ」内に入っています。

 上記、学内説明会までに以下の確認と手続きをお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
               
◆チェック項目◆
□候補者全員
住民票に記載されている住所を正しく記入していますか?
(返還誓約書提出時に本人の「住民票(原本)」の提出が必要になりますが、個人番号(マイナンバー)が記載された住民票は提出しないで下さい。)        
                          
□奨学金振込口座「口座未開設」の方(「決定通知」【本人保管用】ページに記載)
⇒本人名義の普通預金口座を開設していますか?
ゆうちょ銀行の通常貯金口座、及び、銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合(一部を除く)の普通預金口座のいずれかで開設願います。

□「入学時特別増額貸与奨学金」候補者の方
労働金庫から「入学時必要資金融資(労金つなぎ融資)」を受けていますか?
労働金庫より融資を受けた方は、奨学金振込口座が学生本人名義の労働金庫口座になり、辞退することはできません。

□保証制度で「人的保証」を選択している方【※新規 】
連帯保証人と保証人の方に、採用後、返還誓約書提出時に署名・実印での押印、印鑑登録証明書、収入証明書(連帯保証人のみ)が必要であること、また、借用金額(予定)について確実な承認を得ていますか?
【※新規 】連帯保証人・保証人の住所について、印鑑登録証明書に記載の住所(住民票と同住所)を記入していますか?

□「第一種奨学金」候補者の方 【 新規 】
⇒返還方式のどちらを選択しますか?
「定額返還型」(毎月定額で返還する)
「新所得連動返還型」(年収に応じて返還の月額が変動する)
※②を選択した場合は、保証制度は「機関保証に加入」になります。また、返還誓約書提出時にマイナンバーの提出が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4.「入学時特別増額貸与奨学金」採用候補者で、上記(1)「決定通知」【進学先提出用】ページに「(日本政策金融公庫の手続き必要)」と記載の方は、下記①~③の書類が必要。

⇒説明会までに保護者等が、日本政策金融公庫へ「国の教育ローン」を申し込んで、融資の可否を確認しておいて下さい。※融資を断られた方は、説明会で下記①~③の書類が必要です。

(「辞退」希望の方は、日本政策金融公庫への手続き、書類提出は不要です。)

①申告書=「日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を利用できなかったことについて(申告)」

② 日本政策金融公庫の「国の教育ローン借入申込書(お客さま控え)」のコピー

融資できない旨を記載した日本政策金融公庫発行の通知文コピー

(圧着ハガキの場合は、申込者氏名が印字されている宛名面のコピーも併せて提出が必要。

※但し、事情により上記②、③を提出できない場合は、「事情書(1)」または「事情書(2)」の提出が必要です。


5.「平成29年度大学等奨学生採用候補者 変更承認通知」(改氏名した者のみ)

給付型奨学金について【 新規 】

新制度の詳細については、国の予算および法令の成立後、お知らせする予定です。

新規申込者〔定期(在学)採用〕の対応について(平成29年度)

募集時期

【定期(在学)採用申込説明会】
 〔開催日〕平成29年4月11日(火)15時~ ←〔初回振込日〕7月11日(火)予定
 
※ 説明会出席が申込みの条件になりますので、希望者は必ず出席して下さい。

奨学金の種類・貸与月額
種  類貸与額(月額)
第1種奨学金(無利子) 自宅通学者(3万円、5万3千円から選択)
自宅外通学者(3万円、5万3千円、6万円から選択)
第2種奨学金(有利子) 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円より選択

※上記に加えて、入学時特別増額貸与奨学金の貸与を受けることもできます。(有利子)
10万円、20万円、30万円、40万円、50万円より選択)

新規【給付型奨学金】…新制度の詳細については、国の予算および法令の成立後、お知らせする予定です。

申込み時提出書類(事前準備可能なもの)
  1. 本人名義の通帳コピー
 2.収入に関する証明書(コピー可)※現在の就業状況に応じた書類の提出が必要。
  父と母双方、またはこれに代わって家計を支えている方の、平成28年分「源泉徴収票」、または平成28年分「確定申告書(第一表と第二表)(控)」税務署受付印のあるもの(ともにコピー可)
 (但し、個人番号(マイナンバー)が記載された書類は提出しないでください。)
 ○確定申告を電子申告より行った場合
 「申告内容確認票」に「受信結果(受信通知:「メール詳細」画面)」または「即時通知」を添付。
 ○無収入の場合
 所得金額が「0円」の記載のある「(非)課税証明書もしくは所得証明書一方の証明書において、被扶養者であることが確認できる場合でも必要。)

 3.【新規】(1年生・専攻科生の該当者のみ )「第一種奨学金」を希望する者で、同一生計の家計支持者(父母双方、またこれに代わって家計を支えている方)の両者が住民税非課税の場合
 ⇒住民税非課税(市区町村民税の所得割額が「0円」)の証明書が必要。
保証制度の選択
機関保証制度
一定の保証料を支払うことで、保証機関が本人の連帯保証をします。
人的保証
連帯保証人、保証人が本人の連帯保証をします。
申込み前までに、連帯保証人と保証人の方に、採用後、返還誓約書提出時に署名、実印の押印、印鑑登録証明書、収入証明書(連帯保証人のみ)の提出が必要であること、また借用金額(予定)についても確実な承諾を得ておいて下さい。
貸与期間
第1種奨学金貸与始期

平成29年4月

貸与終期 〈1年生〉平成31年3月
〈2年生・専攻科〉平成30年3月
第2種奨学金貸与始期 平成29年4月~9月の間で希望する月
貸与終期 〈1年生〉平成31年3月
〈2年生・専攻科〉平成30年3月
入学時特別増額貸与奨学金 初回振込日に併せて振り込まれます。(1年生のみ)

緊急採用・応急採用

家計の急変(主たる家計支持者が失職、破産、事故、病気、死亡等または火災、風水害等の災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合、随時募集を行っています。

平成28年度以前に日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方

 

平成28年度以前に日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた方へ

返還猶予(在学期間中、願い出により返還開始を延ばすことができる)を希望する場合は、下記の手順で手続きを行って下さい。何も手続きをしない場合は、貸与終了月の翌月から7ヶ月目の27日より返還が開始となります。(2017年3月貸与終了者は今年の10月より開始)

① 各自、日本学生支援機構の「スカラネット・パーソナル」より「在学猶予願」の提出(入力)を行う。

②「在学猶予願」の提出(入力)を終えたら、学生課に申し出る

 

    締切日 平成29年4月28日(金)15時 まで

 

◆◆◆◆ 奨学金に関する連絡事項等は1号館1F学生課掲示にて行います ◆◆◆◆

資料請求 2013年版大学案内などをお届けしています。

pagetop